遊戯王 トレカ通販 おすすめ情報 | トレカ通販,価格,最安値,レア,おすすめ,人気,評価,評判,口コミ

トップページ

遊戯王 作品解説 トレカ通販,価格,最安値,レア,おすすめ,人気,評価,評判,口コミ

遊戯王 トレカ 通販 おすすめ情報 ひ弱でいじめられっ子だった高校生 武藤遊戯 ひ弱でいじめられっ子だった高校生、武藤遊戯が、
古代エジプトより伝わる闇のアイテム「千年パズル」を解いたことを契機に、
彼の中に別人格であるもう1人の遊戯(闇遊戯)へと姿を変え、
闇の番人となって世の悪人たちを次々と過激な「闇のゲーム」で叩きのめし、
最後には恐ろしい「罰ゲーム」を与えていくという
ダークファンタジーおよびダークヒーロー(アンチヒーロー)の要素を持った物語。
当の高橋和希によれば、本作のコンセプトは「主人公が絶対人を殴らない格闘モノ」。

原作単行本第1巻には、「身の回りの"不思議"をテーマとする」という記述もある。
ちなみに最初の頃は怪奇漫画を書こうと思っていた。

初期は一話完結式で、遊戯が毎回、悪人相手にさまざまなゲームを繰り広げていく内容であった。
しかし、シャーディー編での人気低迷を受け、
読者に好評だった架空のカードゲーム「マジック&ウィザーズ」を再登場させたことで、
人気を回復。以降は、「マジック&ウィザーズ」を中心とした話にシフトしていくことになる。
また、SFの要素も取り入れるようになっている。

友情」が大きなテーマとなっており、
気弱だった遊戯が様々な仲間たちと出会い、友情を育み、
そして成長していくという要素が物語の鍵となっている。
このテーマは高橋にとって大きなこだわりであり、
主人公、遊戯の「遊(ゆう)」と、
かつては遊戯をいじめていたが親友となる同級生「城之内克也」の「城(じょう)」を
あわせることで「友情」になるなど、キャラクター名にも反映されている。

コミックスおよび関連書籍の日本国内での累計発行部数は、2008年の時点で3600万部を突破している。

遊戯王 特別読切 トレカ通販,価格,最安値,レア,おすすめ,人気,評価,評判,口コミ

2016年公開の劇場版『遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』 2016年公開の劇場版『遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』と連動して、 原作者・高橋が自ら執筆した読切作品『TRANSCEND・GAME 遊戯王』(トランセンド・ゲーム ゆうぎおう)が、 『週刊少年ジャンプ』2016年19号(4月11日発売)、20号(4月18日発売)に2号連続で掲載された。 原作漫画『遊戯王』の最終話である第343話の後で、劇場版の前日譚となる物語が描かれた。 原作者・高橋が執筆した『遊戯王』作品が、同誌へ掲載されるのは、連載が終了した04年3月以来、12年ぶりとなる。

遊戯王 マジック&ウィザーズ トレカ通販,価格,最安値,レア,おすすめ,人気,評価,評判,口コミ

遊戯王 マジック&ウィザーズ マジック&ウィザーズ」(以下、M&W)とは、 本作に登場する架空のトレーディングカードゲームである。 実在のカードゲーム『マジック:ザ・ギャザリング』(MtG)がモチーフとなっている。 本作の初期ではさまざまなオリジナルゲームが登場し、M&Wもその一つであったが、 M&Wは原作漫画に登場するゲームの中でも読者から特に大きな反響を呼んだため、 結果として作品自体が初期のさまざまなゲームを駆使して悪を討つという設定から、 「カードゲームに秘められた古代エジプトの神秘の力を巡る戦い」へと変遷し、 中盤以降はカードゲーム専従の物語が展開するようになる。 その突出した人気から、 キャラクターグッズの一環で1998年にバンダイより『遊戯王カードダス』として、 1999年にはコナミより『遊戯王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ』(遊戯王OCG)として二度実商品化されている。 特にコナミから発売された遊戯王OCGは単なるキャラクターグッズの枠を超えた人気となり、 2011年には累計販売枚数251億7000万枚を突破。 「世界一販売枚数の多いトレーディング・カードゲーム」としてギネス認定されている。 2013年3月には「参加人数が最も多いトレーディングカードゲームトーナメント」としてもギネス認定された。 テレビゲームをはじめとした関連商品も数多く発売され、トレーディングカードゲームを題材した類似作品が国内外問わず多数発表されている。